スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ジェフ・ワッツ(&ブランフォード・マルサリス)2010年 来日ライブ情報

ナンバーワンドラマー・ジェフワッツが、
ブランフォードマルサリス、テレンス・ブランチャード
& ロバート・ハーストという豪華なサイドメンをつれて、
2010年10月来日ライブを行います!

いいメンバー・・・。
気心が知れたメンバーなので公演が期待できますね。

個人的にはブランフォードマルサリスを、
生で見てみたいなぁと。

またライブのタイトルが「ワッツ」というですが、
ジェフワッツがリーダーのときのバンド名なのか、
なんのか謎といえば謎です。

人気メンバーなのでチケットはお早めに。。。

↓東京のライブチケットはこちら。
2010/10/19(火) 〜10/25(月) COTTON CLUB(東京都)

at 10:00, 441, ブランフォード・マルサリス

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ブランフォード・マルサリス:ファンキーなラストの曲だけでも一聴の価値あり「Contemporary Jazz」

評価:
Branford Marsalis
(2000-08-17)

賛否両論あるブランフォードですが、
私は結構好き。

この人の音色って、
たとえば最近のジャズサックスの人、
ジョシュアレッドマンとか、
クリスポッターとかよりも、
なんだか暖かい感じがします。

そこが心に引っかかる音になっていて、
ちょっと好き。

このアルバムで私が好きなのは、
1曲目とラストの曲。

一曲目はまさにコンテンポラリー。
ラストは、ブルースっぽいファンキーな一曲。
ゆっくりな曲が倍のテンポになるんですが、
そこで、ゾクッとくる。

いいっす。

at 12:28, 441, ブランフォード・マルサリス

comments(0), trackbacks(0), pookmark