スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

デヴィッド・サンボーン2010来日ライブ情報

 デヴィッド・サンボーンが2010年来日です!
名実共に世界ナンバーワンのサックスプレイヤーと
言って良いでしょう!

デヴィッド・サンボーンのソリッドな音色は
生で聴くと度肝抜かれるはず!

チケットはお早めに!

↓東京の来日ライブチケットはこちら!
2010/12/1〜12/4(土) ビルボードライブ東京

↓大阪の来日ライブチケットはこちら!
2010/12/6〜12/8(水) ビルボードライブ大阪

at 22:28, 441, デヴィッド・サンボーン

comments(0), trackbacks(0), pookmark

デヴィッド・サンボーン:オシャレなブルースを堪能!「ヒア・アンド・ゴーン」

デヴィッドサンボーンは、
レイ・チャールズ・バンドのバンドで活躍し
ジャズシーンでも活躍した、
ソウルフルでブルースフィーリングのあるサックス奏者
デヴィッド・ファットヘッド・ニューマンに
憧れていたという話を聴いたことがありますが、
その影響がもろにあらわれたと言って良いのが本作
「ヒア・アンド・ゴーン」。

全編ブルース。

スローブルースからエリッククラプトンほか豪華な
ボーカルを迎えた歌ものブルース。
そしてノリのよいブルースまで、
取り揃えています。

良い。

普通こうしたブルース押しのCDだと、
全曲通して聴くと飽きてくるってもの。

そこは、さすがにデヴィッドサンボーン。
コテコテになりすぎないよう、
ポップな感じにしたり緩急取り入れてきます。

その辺がおしゃれ。

聴いて損はないでしょう。

at 21:33, 441, デヴィッド・サンボーン

comments(0), trackbacks(0), pookmark

デヴィッド・サンボーン:分かりやすいジャズアレンジに惚れた「タイムアゲイン」

評価:
デヴィッド・サンボーン

タイムアゲイン、これはいいっす。

フュージョンの人が
ジャズを演奏しようが、
越境がなんだとかかんだとか
言うこともありますが、
良いものは良いってことっす。

デビッドサンボーンの音色は
キンキンというよりも
ビンビンという倍音でまくりの
派手な音。

やっぱりポップスもやってる
人の音質だなぁと思いますが
別に嫌いじゃない。

そういったポップスやフュージョンを演奏しているからこそ、
選曲や編曲も分かりやすくカッコいいものが
できたって感じがします。

1曲目のブルースも、
最高に渋い。


at 21:17, 441, デヴィッド・サンボーン

comments(0), trackbacks(0), pookmark