スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ジョー・ヘンダーソン:一曲目は最高に気持ちいい!「Double Rainbow: The Music of Antonio Carlos Jobim」

ジョーヘンといえば、
暗い音で吹き捲くりという印象。
私の音楽経験と、
あまり交わることがないだろうなぁと
思っていました。

思っていましたが。

ボサノバをテーマにしたアルバムだけに
とても聴きやすい。

っていうのもあるのですが、
何はさておき
音の透明感。

おじいちゃんと言っても良い歳になって、
円熟味が出たからなのか。

同じ楽器から出る音だとは
思えないと言いますが、
同じプレイヤーから出る音だとも思えない。

最高。

この音を聴けたってだけで
すべてペイしたと思えるかも。

at 23:01, 441, ジョー・ヘンダーソン

comments(0), trackbacks(0), pookmark