スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ソニースティット:何かが足りない「シッツ・イン・ウィズ・オスカー・ピーターソン・トリオ+3」

評価:
ソニー・スティット,オスカー・ピーターソン,レイ・ブラウン,エド・シグペン

バップを代表するサックス奏者
ソニースティット。

説明不要のジャズジャイアンツ。
チャーリーパーカーのスタイルを受け継ぐ、
技巧派が演奏するスタンダード曲を集めた本作
「シッツ・イン・ウィズ・オスカー・ピーターソン・トリオ+3」は、
ジャズを演奏するプレイヤーのお手本としても
格好の素材になっています。

「四月の想い出」「スクラップル・フロム・ジ・アップル」
「アイ・リメンバー・ユー」「時さえ忘れ」などなど、
教科書としては勉強になる。

けど、ソニースティットって
どのアルバムを聴いても、
なんだか楽しくないのは何でだろうなと思ってしまうんですよね。

いや、完全に好みの問題なのですが。

で、気づいたのが、
この人の演奏って泥臭さやブルースフィーリングが
ないからかなと思う。

ノリノリの演奏をしていても、
あぁ、上手いなぁで終わってしまうというか。

まぁ、私の求めている物が、
ノリとかファンキーとかだからなんだと思います。
逆に正統なこれぞジャズ的なものを求めているのならば、
かっちりハマって大好きになるんじゃないかなと。

at 12:30, 441, ソニー・スティット

comments(0), trackbacks(0), pookmark