<< エリック・アレキサンダー:70年代を彷彿とさせる名曲!「First Milestone」 | main | ドナルド・バード:楽しい方のジャズ!「Places and Spaces」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ワン・フォー・オール(エリックアレキサンダー):最高傑作「情事の終わり」

評価:
ワン・フォー・オール

 ニューヨークの若手ジャズ・ミュージシャンで
結成された三管のコンボ、ワンフォーオール。

といっても、もう現在では若手という歳でもなく
素晴らしいキャリアを築いているメンバーで構成されています。

テナーサックスのエリック・アレキサンダーを筆頭に、
ジム・ロトンディ(tp)、 スティーブ・デイヴィス(tb)、
デヴィッド・ヘイゼルタイン(p)、ピーター・ワシントン(b)、
ジョー・ファンズワース(ds)といった現在のジャズシーンを代表する
メンバーが、スタンダード曲を中心に
演奏したのが本作「情事の終わり」。

デビュー作ってことらしいのですが、
これが最高傑作と言っていいんじゃないですか。

表題作「情事の終わりに」は、
疾走感あふれる高速チューンで、
CDのオープニングにふさわしい出来。

もうこれだけで満足できるw。

エリックアレキサンダーのアドリブも格好良いの一言につきます。
もしかしたらソロ作より良いかも…。

オリバーネルソンの名曲「ストールンモーメンツ」は、
ジャズを演奏する人たちには見事にお手本になるような演奏かと。
テーマの和音の作り方とか、
論理的に言ったらスゴいんだろうなと
想いました。
よくわからんけど。

とりあえず素晴らしい作品に仕上がっていると思います。
私が聴いたワンフォーオールの作品、
あとエリックアレキサンダーの演奏としては、
スタンダード曲中心のヴィーナス版と比べると、
こちらの方が断然いいと思いました。

at 11:40, 441, エリック・アレキサンダー

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 11:40, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。