<< ワン・フォー・オール(エリックアレキサンダー):最高傑作「情事の終わり」 | main | ジェシ・ヴァン・ルーラー 2010年 来日ライブ情報 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ドナルド・バード:楽しい方のジャズ!「Places and Spaces」

 クラブミュージックとしてサンプリング元になり、
夜な夜な若者を乱舞させているという噂を聞きつけ
聴いてみましたドナルド・バードの「Places and Spaces」。

オープニング曲の始まりを聴いた瞬間思いました、
これだ!!と。

ファンキーで、ノリノリ。
70年代のジャズとファンクとR&Bが自由に行き交っていた
めちゃくちゃ楽しい音楽です。

もしジャズがこっち方面でも発展して行ったら、
もっと幅広いリスナーを獲得していたんだろうなぁと想いました。

スティービー・ワンダーとか好きで、
インストも大丈夫な人なら
絶対に好きになれるはず。

最高です!

at 12:03, 441, ドナルド・バード

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 12:03, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。