<< ジョシュア・レッドマン:最初に聴きたいCD!「Freedom in the Groove」 | main | スタンリー・タレンタイン:選曲の割にビミョー…「アップ・アット・ミントンズ(2)」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

スタンリー・タレンタイン:バップ的なアプローチも最高!「Look Out」

スタンリー・タレンタインを一言で表現すれば、
ブルージーとかブルースフィーリングってことですが、
それだけではないのが分かるのが、
本作「Look Out」。

やっぱりこの人、すごいわ。

【曲目】
1. Look Out
2. Journey Into Melody
3. Return Engagement
4. Little Sheri
5. Tiny Capers
6. Minor Chant
7. Tin Tin Deo
8. Yesterdays
9. Little Sheri

一曲目のブルース「1.Look Out」のこう演奏したらカッコいいという
お手本のような演奏も、
「6. Minor Chant」のジャズって感じのマイナーな曲も
最高なんですが、
個人的に好きなのは3曲目。

ジャズスタンダードって感じの
軽快な曲なんですが、
スタンリータレンタインの演奏が、
なんともバップ的。

ザ・ジャズって感じです。

ノリ一発とかそういったものじゃなくて、
いかに綺麗にフレーズをつなげていくかっていうアプローチで、
素晴らしいの一言。

いやプロだから当たり前っちゃー当たり前ですけど(笑)

スタンリータレンタインの新たな一面を見た気がします。

at 22:37, 441, スタンリー・タレンタイン

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 22:37, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。