<< とにかくノリノリなジャズから聴き始めたい 「モード・オブ・ブルー」 | main | ジョン・コルトレーン:トラウマになってジャズから遠ざかる名盤 「ジャイアント・ステップス」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ソニー・ロリンズ:名盤と言われる中でも最も聴きやすい名盤 「サキソフォン・コロッサス」

評価:
ソニー・ロリンズ,トミー・フラナガン,ダグ・ワトキンス,マックス・ローチ

サックスの音、太っ!
ってのがロリンズさんの第一印象。

でもって、一つひとつの曲も聴きやすい。
キャッチー。
ソロも難し過ぎなくて安心。
いわゆるバップ風?ってやつですか。
悪くないなぁ。

なんて巨匠に向かって、
偉そうにすみません。

とりあえずビギナーだったころに聴いて、
あぁ聴きやすくて良かったと胸を撫で下ろしました。

ここからジャズに入れば、
ひとまずキライになることはないと思います!

at 00:20, 441, ソニー・ロリンズ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 00:20, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。