<< 「ジャズって難解」の言葉が、腑に落ちる名盤「モーション」リーコニッツ | main | ジョン・コルトレーン:ポストロックを聴く人にもオススメ「至上の愛」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ジミー・ヒース:フツーが一番格好いいことを教えてくれる「ザ・クオータ」

評価:
ジミー・ヒース,フレディ・ハバード,ジュリアス・ワトキンス,シダー・ウォルトン,パーシー・ヒース,アル・ヒース

ジミーヒースの何が良いかって
フツーってこと。

アドリブもバップが基本だから、
すこぶる聴きやすい。
難しいこともたまにしかしない。
オリジナルの曲も、
いわゆるジャズって感じでわかりやすい。


ジャズが本当に好きな人は、
歯牙にもかけない演奏なんだろうなぁと思う。

でも。

私は好きだなと。

わかりやすくて良いじゃない。
古くさくても良いじゃない。

だってフツーが
一番楽しめるんだもの。
カッコいいんだものと開き直り。

at 00:24, 441, ジミー・ヒース

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 00:24, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。