<< ジョー・ヘンダーソン:一曲目は最高に気持ちいい!「Double Rainbow: The Music of Antonio Carlos Jobim」 | main | 難しいジョー・ロバーノ:ソロだって関係ない、曲の楽しさがすべて「52nd Street Themes」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

小沼ようすけ:リチャードボナの躍動感あるベースにうなる「The Three Primary Colors」

評価:
小沼ようすけ,リチャード・ボナ,アリ・ホーニッグ

小沼ようすけの演奏も、
良いのですけれど、
さらに良いのがベースの
リチャードボナ。

いやぁ、躍動感って
こういうことなんだって実感。

日本語としておかしいけれど
肉体的なベースって感じ。

聴いてるだけで、
オリンピックのトラック競技で、
黒人が走ったり飛んだりしている
イメージが頭に浮かんできます。

音楽のグルーブ感って、
きっと肉体的な感覚に訴えかけるのだろうなぁと思いました。

わからんけど。

アルバムのなかでは、
三曲目のFeel Like Makin' Loveが、
最高です。

メロウソウルにしびれる。


at 23:24, 441, 小沼ようすけ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:24, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。