<< 難しいジョー・ロバーノ:ソロだって関係ない、曲の楽しさがすべて「52nd Street Themes」 | main | クリス・ポッター:難しい演奏が簡単に聴こえるスゴさ「Gratitude」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ブランフォード・マルサリス:ファンキーなラストの曲だけでも一聴の価値あり「Contemporary Jazz」

評価:
Branford Marsalis
(2000-08-17)

賛否両論あるブランフォードですが、
私は結構好き。

この人の音色って、
たとえば最近のジャズサックスの人、
ジョシュアレッドマンとか、
クリスポッターとかよりも、
なんだか暖かい感じがします。

そこが心に引っかかる音になっていて、
ちょっと好き。

このアルバムで私が好きなのは、
1曲目とラストの曲。

一曲目はまさにコンテンポラリー。
ラストは、ブルースっぽいファンキーな一曲。
ゆっくりな曲が倍のテンポになるんですが、
そこで、ゾクッとくる。

いいっす。

at 12:28, 441, ブランフォード・マルサリス

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 12:28, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。