<< ハイテンションで終わりまで「情事の終わり」one for all | main | ファンク好きにはたまらない 「Live at the Leaf」Papa Grows Funk >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

デクスター・ゴードン:どの曲をやってもデクスター「Our Man in Paris」

好みのわかれるところでしょう、
デクスターゴードン。

音色はゴリゴリ系だけれど、
暖かみもあるので好きな感じ。

でも。

この人どの曲やっても、
同じアドリブに聴こえてしまうっていうね。
それを個性として楽しめるかどうかが
好きになれるかどうかの試金石。

スタンゲッツなどの歌心を求める人はもちろん、
ファンキー系の黒人系のサックスが好きな人も
なんか違う気がします。

たまに聴きたくなるんですけど、
一枚通じて聴くには、
相当体力がいります。

at 21:50, 441, デクスター・ゴードン

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:50, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。