<< ジョシュア・レッドマン:ファンキーな最後の一曲を買うつもりで「ムード・スウィング」 | main | オールドスタイルは普遍性がある「ライブ・アット・サムタイム」バーニー・ケッセル >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ファンク好きクラブミュージック好きは必聴の名盤「Right on Brother」Boogaloo Joe Jones

絶対聴いて欲しいなんて、
軽々しく言えたもんじゃない。
CDを買って後悔したことがある人ならば。

でも、掟を破って(なんの掟だ!?)言わせてもらいたい。

こりゃ、マストアルバムですぜ、旦那と(なんで江戸っ子?!)。

ファンキーな曲をお求めの方、
クラブジャズとか
アーシーなジャズが好きで
泥臭いグルーブ感が好きな人対象ですが。

ジャズから入った私は名前も知らなかった
Boogaloo Joe Jones、
こいつはヤバいです。

こんなノリノリの
グルーブ感を私はずっと求めていたので。

ダンスフロアーで踊りまくって
酔っぱらいまくる。

そのお供になるようなアルバムです。

3曲目のPoppin'が特に好き。

at 21:13, 441, ジャズギター

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:13, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。