<< 小曽根真:正統派ジャズを堪能「ザ・トリオ」 | main | スタン・ゲッツ:演奏のクオリティ以上の何かを感じる「ピープル・タイム」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

R&Bの名曲をジャズギターの巨匠が料理!「ザッツ・ホワット・アイ・セイ」ジョン・スコフィールド

R&Bの神様的な存在レイチャールズの名曲たちを、
ジャズギターの巨匠ジョンスコフィールドが
演奏した企画ものが、本作「ザッツ・ホワット・アイ・セイ」。

いやぁ、すこぶるかっこいい。

ジョンスコフィールドといえば、
ジャズ的なアプローチ全開のものだと
かなり難解なのですが、
そこはレチャールズの曲。

かなり聴きやすく普通にノリノリな、
アルバムに仕上がっています。

かといって、
ジャズとかフュージョン的な、
アドリブの要素が薄いかといったら、
そうでもなく、
変拍子にアレンジしたり、
もちろんアドリブではジョンスコフィールドの
個性が爆発した音が聴けたり、と
楽しめます。

このくらいのバランスが、
一番いいかもと、
納得の一枚かと。

at 21:54, 441, ジャズギター

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:54, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。