<< スタン・ゲッツ:演奏のクオリティ以上の何かを感じる「ピープル・タイム」 | main | スタンリータレンタイン:ブルースフィーリング満載のジャズ「ブルー・アワー」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

デヴィッド・サンボーン:分かりやすいジャズアレンジに惚れた「タイムアゲイン」

評価:
デヴィッド・サンボーン

タイムアゲイン、これはいいっす。

フュージョンの人が
ジャズを演奏しようが、
越境がなんだとかかんだとか
言うこともありますが、
良いものは良いってことっす。

デビッドサンボーンの音色は
キンキンというよりも
ビンビンという倍音でまくりの
派手な音。

やっぱりポップスもやってる
人の音質だなぁと思いますが
別に嫌いじゃない。

そういったポップスやフュージョンを演奏しているからこそ、
選曲や編曲も分かりやすくカッコいいものが
できたって感じがします。

1曲目のブルースも、
最高に渋い。


at 21:17, 441, デヴィッド・サンボーン

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:17, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://yhitsuji.jugem.cc/trackback/66