<< フィル・ウッズ:アルトサックスでは説明不要の名盤「フィル・ウッズ&ヨーロピアン・リズム・マシーン」 | main | 名盤になり損ねた一枚「ホット・ケイクス:ライヴ・イン・ジャパン」ザ・ベイカー・ブラザーズ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

なにかが足りなくて惜しい「テン・ペイシス」 ザ・ベイカー・ブラザーズ

評価:
ザ・ベイカー・ブラザーズ

音楽の方向性は、
ファンクってことで、
めちゃめちゃハマる大だった
ギターファンクバンドのベイカーブラザーズ。

しかし、なんか惜しい。

どれもこれも、
楽曲がイマイチぴんと来ない。

本作もギブソンほか、
良い曲はあるのだけれど、
自然と踊りたくなり、
かつ中毒性のあるファンクかといえば、
そうでもない。

とっつきにくいのか、
あるいは難しいのか・・・。

うむむ。

スゴい好きなバンドになる
要素はあるのだけれど、
何かが足りない気がします。

惜しい。

at 23:28, 441, ファンク

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:28, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。