<< スムースジャズというイメージを覆したファンキーさ「Roundtrip」カークウェイレム | main | クオシモード:誰からも愛される踊れるジャズ「The Land of Freedom」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

エリック・アレキサンダー:オリジナル曲の方が格好いい「Summit Meeting」

エリック・アレキサンダーといえば、
ビーナスレコード版でガンガンスタンダード曲中心のアルバムを出している
売れっ子テナーサックス奏者。

たしかにスタンダード曲中心の構成は聴きやすいし、
楽器を演奏するプレイヤーなら、
コピーするのにも便利で重宝する音源となる。

でも。

純粋に曲の格好よさでジャッジを下すなら、
エリック・アレキサンダーはオリジナル曲が収録されている
アルバムの方が数段いい。

その流れをくんでいるのが、
この「Summit Meeting」。

いやぁ、格好いいです。

現代版ハードバップとか言われていますが、
正直、ハードバップの定義がイマイチわからないので、
うんともすんとも言えませんが、
ただただ聴いていて興奮する曲調だというのは分かります。

うん。

エリックアレキサンダーは、
やっぱりオリジナルの方が、
力を込めているのではないかと思いました。

必聴です。

at 00:30, 441, エリック・アレキサンダー

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 00:30, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。