<< 聴けば聴くほど気持ちよくなる魔法の名曲「リターン・トゥ・フォーエヴァー」 | main | クリス・ポッター:残念なファンキー?!「Underground」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

クリス・ポッター:本格ジャズでありながらキャチー!「Gratitude」

難しいことをやっていながら、
キャッチーであるっていうのが、
なかなかジャズでは実現されないなぁと個人的には思っていました。
そんなモヤモヤ感を吹き飛ばしてくれるのが、
テナーサックス奏者のクリスポッターの「Gratitude」。

わかりやすくカッコいいが、
音楽的にはムズそうなテクニックを駆使。

で、テーマもキャッチーでメロディラインもグッドです。

テクニックのスゴさは下の動画↓で分かります。
伴奏なしのソロサックスで、
これだけ「カッコいい!!」と思ったのは初めて。
必聴です。

at 22:11, 441, クリス・ポッター

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 22:11, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。